「21世紀の「くにのかたち」」

(1)「警察官僚・自衛隊官僚機構腐敗列島の日本」になっている。これが
日本の歴史の進化を遅らせている。民間人だけで構成される監査機構を作り
毎年、きちんと監査報告書を公開すべきである。コスト意識が低いと秘密が横行
して、組織腐敗が始まる。権力犯罪が横行し、盗聴・のぞき・性犯罪があたりまえ
の如くなり、公務員の責務を超えた、単なる腐敗集団に劣化する。一般市民の
家を盗聴し科学的機具でのぞき、二者択一の珍奇な思考で「政治犯にでっち上げ」
尾行や監視で仕事しているフリをして、ただ飯・ただ酒・ただガソリンで税金を
使いまくる公務員が現実にいる。「この世でやっていることは全てこの世でけり
がつくものだ。」市民の力をなめるな。法務省や「有線放送」を管理している
郵政省のそれぞれの公務員も知りながら知らない振りをしている。これを犯罪と
識別できない日本の公務員の現状は海外の「笑い者」になっている。行政改革を
促進して、犯罪をしている公務員を司法の裁判所の場で裁き日本をきれいにせよ!
「二者択一思想」から「らせん思考」への戦略的格差の強い思考こそが強い組織
と公僕たる公務員組織に変革する思考である。100年前の古い思想を変えよ!

(2)WTOで全体の意見を集約できなかった。世界全体は、後進国・発展途上国
・先進国のように分けられる。「市場原理」だけをふりかざして価格を世界1低い
レベルで輸出だけを推進すれば、これでは農業・水産業・林業・工業も破壊される
ことは常識でもわかる。「環境との調和」という歴史的なキーワードがつきつけられ
ている。現代においては、それなりに世界環境との調和をめざした世界理念を
構築すべきだ。その中で「世界競争と戦略的な格差の構築の競争」が展開される。

(3)日本では早急に成田空港と羽田空港をリニア・モーターカーで結ぶべき
である。また、その次は成田空港から東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・広島・
福岡の間にリニア・モーターカーを建設すべきである。さらに、首都機能は岐阜
にして、東京と岐阜の間を15分で結べば、通勤も楽であり、東京からの交流も
盛んになるだろう。建設費用は300兆円ぐらいになるが、世界的なPFI事業と
して、日本国民の税金は一銭も使わずに出来ると思う。世界的な民間活力を生か
してやるべきだ。電子政府をめざし、ペーパーレスのオフイスを目指して、世界
中からデザインを公募して、キャンベラより美しい首都を21世紀に創るべきだ。

(4)日本もGNP1000兆円体制を目指すべき時である。世界的なPFI
事業を興して、海外から300兆円や500兆円の資金を導入すべきである。リニア・
モーター建設や新首都建設や核融合電気発電機の建設や茨城県沖合いの
埋立地に東海村の原子力関連施設を全て移設することや、千葉県沖合いの
太平洋に宇宙基地や大型24時間空港の建設を民間だけのプロジェクトで
立ちあげる時だ。税金は一銭も使う必要はない。また24時間証券売買システム
やタックス・ヘブンを東京・大阪・沖縄に創り、世界中の資金が24時間日本に
入るようにすればいい。24時間世界商品相場や不動産世界証券市場を開けば
赤字国債は必ずすぐに解消できる。定期借地権や定期借家権やPFIや国際会計
という世界基準を早く実現して日本は21世紀に世界1になれる実力を備えている。

徳尾裕久(とくお ひろひさ)。