「時間差・空間差がゼロになる時代」

世界的に時間差・空間差がゼロになる時代が
インターネットの時代です。

また、人間差とか人間格差をゼロにするのも、
これからの歴史的な挑戦課題です。

それが「天意」です。
世界史の流れです。

広く24時間地球的な規模で対話・教育・討議・融合・和解が進みます。

IT革命に合わせて経営データを駆使して「世界の平和と繁栄」のために
偉大なる平和と理性ある時代がきています。

危機の本質を常に見抜き、人為的な危機とそうでない危機を
区分けした細かい経営こそが日本に求められています。

アメリカの経営の真の強さは

・24時間の経営・営業・企画・生産・在庫・経理情報の全社員共有化。
・世界的なスケールの思考・構想・計画・活動。
・24時間の金・人・モノ・サービス・ソフト・情報の世界的活用。
・在庫ゼロの生産。
・外注の系列化。
・一日決算システム。
・美しいオフイス。
・能力主義。
・成果配分主義。
・豊かな休暇。

を実現して
「人間的な経営」だからです。

徳尾裕久(とくお ひろひさ)。