「力強く底深い国・日本」

大阪に8年間住んでいたことがあります。高野山と法隆寺が好きで
どちらにも4回から5回は行きました。
高野山に行きました時に「奥の院の橋」を渡り、
弘法大師が、お休みになられている地下の霊廟で大きな声をだして
「般若心経」を3回読み上げましたら、鉄の草履の音を
たてて、3歩4歩、歩かれ、ちょうど私の後ろに立たれた気配を
感じたことがあります。じつにおごそかです。気を感じます。
恋人探しや良い縁の組み合わせの祈りの場としておすすめします。

また、京都の伏見稲荷の神社の左手の山道を上がると
皇后陛下美智子さまと今の皇太后さまの水子霊の供養をされた
鬼子母神を祭られた女性の霊能者がおられ、私達夫婦は3ヶ月かけて
3回京都に東京から駆けつけて、祖先の水子霊の供養をしたこと
があります。その時に、3回目に私の全身に「金粉」が降り
背広が「金粉」でおおわれたことがあります。不思議です。
その後、金粉は仏壇に祭りましたが、10年ぐらいで消えました。
水子霊の供養をしてからは、家の中がきれいにおさまりました。
身体も軽くなり、頭の中も軽くなり、すこやかになりました。

私は出雲大社で二人だけで結婚式をあげましたが、
家には新田神社・霧島神社・伊勢神宮・豊川稲荷・高野山奥の院の
「御札」等をおいています。もちろん家には神棚・仏壇・キリスト像・
マリア像・聖書・仏典・コーラン・中国古典等を、そろえ置いています。
うすっぺらい日本の法律だけで家が守られると思ったことは、
今までにありませんし、家は「強い精神」で守るものと信じています。

いままでに60ヶ所以上の日本の主な神社は全てまわりました。
天の法力で「我が家」を守るためです。子々孫々を守るためです。
また智恵をいただくためです。「目に見えざる世界」と「目に見える世界」
の「天の法力」の存在を、確実に日常生活で信じて、感じています。

「宇宙の創造主」の偉大さにいつも謙虚でありたいものです。
私は「創造主とはエネルギーそのもの」としかとらえていません。
また、外国の思想・信条・宗教・科学もすべて吟味してとらえなおすこと
にしています。「オリジナル」を大切にして模倣は大嫌いです。

法隆寺の百済観音と聖徳太子が作られた御母像は実に美しいですよ。
法隆寺をご覧下さい。「天地人の奥にある力」を信じたいものです。

徳尾裕久(とくお ひろひさ)。