「オルゴール美術館」

去年(1999年)11月の初めに富士山の河口湖のほとりにある
オルゴール美術館に家内と二人でいきました。
東京から自動車でドライブして高速道路を飛ばして
3時間ぐらいでつきました。
60億円かけた美術館とのことで「おすすめです」。
朝日テレビのニュースステーションで、その場所で
羽田健太郎氏がピアノを弾いて紹介していましたから
ご覧になられているかもしれませんが・・・。

度肝をぬかれました。・・・・
100名以上が入れるオルゴール(部屋全体がオルゴール)や
自動演奏機のオルゴールやチェコスロバキアの4人の演奏や
高価で精密な世界的なオルゴールや美しい超小型のモノや
ピアノ形式の自動演奏のオルゴールや
噴水と指揮者(ロボット)と同時に演奏するオルゴールや
30名ぐらいがダンスしながら自動演奏するオルゴール等が
あります。また建物がすごくかっこいいのです。素敵です。

もともと経営者は東京の八王子のレストランの経営者で
大きな料理店をいくつか経営している人だそうですが
とても現代的でナウいのです。チョコレートの売店もあります。
オルゴールのお店も3階建てで、デザインが美しいです。
おいしいコーヒーと、美味しい肉料理とサラダを楽しみました。
また。河口湖の向こうには「富士山」が墨絵のように
ただずみ、それはそれは美しい絵のような富士山です。

今の日本では、多くの女性が海外旅行をして
目が肥えていますし、耳も鼻も口も肥えていますから
そうとうなレベル以上の美術館でないとお客も来ないのですが
沢山の人が見学に来ておられたのですから、合格でしょう。
ぜひ、京都から富士山までドライブして見学されることを
お勧めします。すばらしい人生の1ページを楽しんで下さい。
「感動を与えること」これが繁栄の条件でしょうね。
外国の方々や、恋人や、奥様との同伴でお楽しみ下さい。

日本の美しさを楽しみ、すてきな新年を迎えて・・・
徳尾裕久(とくお ひろひさ)。